札幌フィルハーモニー管弦楽団は札幌で最も歴史のあるアマチュアオーケストラです。

札幌フィルハーモニー管弦楽団

TOP > 過去の演奏会 > 特別演奏会

過去の演奏会

  • ♫カミーユ・サン=サーンスの夕べ

    【日時】2011年5月28日(土)
    【会場】札幌コンサートホール「Kitara」
    【曲目】カミーユ・サン=サーンス
    歌劇「サムソンとデリラ」より
    (全3幕のハイライトをコンサート形式で演奏)
    交響曲第3番「オルガン付」
    【メゾソプラノ】荊木 成子
    【テノール】新海 康仁
    【オルガン】武藤 みさ
    【指揮】中田 昌樹
    【共催】笹川日仏財団
    カミーユ・サン=サーンスの夕べ

    40周年記念特別演奏会の第1弾は、中田昌樹氏を指揮に迎え、「オール“サン=サーンス”プログラム」という意欲的な内容でした。
    前半は、オペラ「サムソンとデリラ」からの抜粋で、初めての歌との共演が実現。
    迫力と深みのあるテノール、のびやかで美しいメゾソプラノと響き合い、サン=サーンスのドラマティックなオペラを演奏しました。
    そして後半は、昨年に続き交響曲第3番〈オルガン付〉。
    2年連続キタラの大オルガンをバックに、2人の異なる指揮者の元で同じ曲を演奏する、という貴重な体験に恵まれました。

    ♪お客様の声(アンケートより)
    • オペラもオルガンも聞けてよかったです。欲張りな演奏会でした。
    • オルガンのラスト、泣けました。
    • サムソンとデリラは、めったに聞けないのでよかったです。独唱者の方々も素晴らしかった。オルガン付きは圧倒されました。
    • サン=サーンスの面白さを味わうよい機会でした。
    • オペラは生で初めてだったのですごかった。去年も聴きましたが、オルガンはやっぱりすごいです!!
    • オペラでは歌声の芯が通っていて、響きも美しかった。オケとの調和もすばらしかった。人間愛のある曲調・和声・オーケストレーションとマッチしていて心がふるえた。
  • ♫札幌・ポートランド姉妹都市交流50周年記念 特別演奏会

    【日時】2009年5月30日(日)
    【会場】札幌市民ホール
    【曲目】 ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
    メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」
    ハチャトゥリアン:バレエ音楽「ガイーヌ」抜粋
    チャイコフスキー:スラブ行進曲
    【指揮】中田 昌樹
    シンディ・ペティ
    札幌・ポートランド姉妹都市交流50周年記念 特別演奏会

    ♫創立35周年記念特別演奏会

    【日時】2006年6月4日(日)
    【会場】札幌コンサートホール「Kitara」
    【曲目】 エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
    ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
    ショスタコヴィッチ:祝典序曲
    ジョン・ウイリアムズ:映画音楽「スターウオーズ」より
     レイア姫のテーマ、メインタイトル
    チャイコフスキー:大序曲「1812年」
    【指揮】中田 昌樹
    シンディ・ペティ
    創立35周年記念特別演奏会
  • ♫'98トヨタコミュニティコンサート in 札幌

    【日時】1998年6月27日(土)
    【会場】札幌コンサートホール「Kitara」
    【曲目】 三枝成彰:
    ヴァイオリン協奏曲「雪に蔽われた伝説」
    リムスキー=コルサコフ:
    交響組曲「シェヘラザード」
    【ヴァイオリン】深山尚久
    【司会】海老原いづみ
    【指揮】現田 茂夫
    98トヨタコミュニティコンサート in 札幌
Copyright ©2010 札幌アマチュアオーケストラ 札幌フィルハーモニー管弦楽団 All rights reserved.